ネイリストになるためにはどうしたらよいですか?

原則として、ネイリストという国家資格はありません。そのため、「私はネイリスト!」と言えばネイリストです。

しかし、技術が無ければお客様のネイルをすることは出来ません。そのため、多くの人はネイルスクールに通ったり、通信講座を受講するのです。

一般的な流れ

ネイリストになるための一般的な流れを説明します。

ネイルスクールに通学

将来ネイルサロンに就職を目指している人の多くはネイルスクールに入学します。そこで技術や知識を学び、検定試験合格を目指します。

検定試験に合格することで、ネイルサロンに就職しやすくなります。

そのため、まず複数のネイルスクールの資料請求を行います。その中からいくつか選び、説明会やネイル体験に参加します。

そして、最終的に1つに絞り、入学をします。入学後、検定試験に向けて勉強をしていきます。


通信講座を受講

ネイルスクールに入学しなくても検定試験対策は可能です。

それが通信講座です。

通信講座はネイルスクールに通学するよりも金額が安いといったメリットがあります。


独学

完全に独学でネイルの勉強をしていきます。

検定試験に合格していなくても、ネイルサロンがOKを出せば就職をすることは出来ます。ただ、ネイルの技術や知識がなければお客様に施術は出来ないので、働きながら勉強することになります。

ホーム | ネイリストになるためにかかった費用は? »

このページの先頭へ